Haskellで将棋 - 探索を遅延評価を駆使した形に置き換える

Haskellのパワーはなんといっても遅延評価。Ocamlから移ってきた私としては一番戸惑うのはその部分で、末尾最適化への気の払い方とかが若干違ってくる気がします。なんというか、foldl'と比べてfoldrなら必要な部分しか評価されないから無限リストも処理できるし効率もいいですよ…ほんとか?みたいな。Welcome …