読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

euphonictechnologies’s diary

Haskell超初心者の日記です。OCamlが好きです。

follow us in feedly

HLintを使う

cやcppを使ってプログラムを書いている人はlintが手放せないはず。lintはプログラムの字面を使って解析をして脆弱性や改善点を指摘するプログラムだ。 lint - Wikipedia

HaskellにもHLintがあって、これを使うとコードの良くないところを指摘してもらえる。 私は習い始めたばっかりなので、こういうものをガンガン使って自分のコードスタイルをちゃんとしていこうと思う。

インストール

インストールは簡単でcabal install [hlint](https://hackage.haskell.org/package/hlint)だけ。すると~/.cabal/bin/hlintにインストールされると思うので、そこにパスを通せば完成。

使い方

hlint <ファイル名>

これだけ。

例えば前回作った新しいモジュール、CachedHttpData.hsに使ってみると

$ hlint CachedHttpData.hs
No suggestions

らしい。とりあえず、hlintには引っかからなかった。いまの使い方としてはwatchコマンドを使ってsrcディレクトリ内で

watch 'hint *hs'

として走り続けさせている。

Every 2.0s: hlint *                                                                                                                             Wed Aug  6 00:24:48 2014

No suggestions

本当は

ビルド時に自動的に走るようにしたい...けどいまのIntelliJHaskellプラグインにはその機能はないように見える。Makeの中でそういうことができないか、時間があったら調べる予定...